フラット35の審査は住宅金融支援機構の審査基準を満たす必要があります

住宅ローンの審査は、クレジットカードの審査やカードローンの審査などよりもはるかに厳しいと言われています。
年収も金融機関が定めた一定額無いといけませんし、過去に借入の遅延などがあると大変不利になります。
民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して出来た住宅ローン・フラット35も、住宅金融支援機構が定めた審査基準に達していないと、申し込みする事も出来ません。
フラット35をお考えの方は、審査基準に達しているかどうか、事前にホームページなどで確認すると良いと思います。
一般的な住宅ローンの審査時間は1週間から2週間程度ですが、フラット35の場合、それよりも長い事が多い様です。
どちらにせよ、住宅ローンはすぐに組んで融資。
という事は出来ませんので、3.
4カ月余裕を持って計画していくことが大事です。