フラット35sエコ審査!借り入れの注意点は?

フラット35sでは、エコや耐震、耐久、バリアフリーといった審査に合格した物件に対して融資を行っています。
ですから、長期固定金利が魅力の住宅ローンですが、建築基準を満たした設計であることと、借りて側の条件が審査に通ることで、借り入れが可能になります。
フラット35sでは、フラット35よりもさらに基準がハイレベルになっていますが、金利の引き下げをウケることが出来るプランAやプランBがあり、2016年1月29日まで募集を受け付けています。
ただし、国策としての予算がそれまで使い切る様な場合には、受付停止となりますから、高機能住宅の購入を考えているなら、おすすめのローンと言えますね。
現在底値とも言える低金利ですから、長期固定金利が魅力的ですね。
フラット35の返済方法は?借入の注意点!【担保や保証人は必要?】