フラット35sエコと外貨建ての資産運用の問題とは?

フラット35sエコは性能の良い住宅を購入する際に利用して欲しいと思います。
但し、住宅金融支援機構が定めた基準が設けられていますので注意をして下さい。
皆さんは今まで住宅ローンも教育ローンも外貨投資も銀行にお願いしようとした場合、ハードルの高さに悩んだことが有ると思います。
そんな悩みを解決してくれたのが私の場合はSBIグループでした。
SBIグループにはSBIモーゲージ以外に住信SBIネット銀行やSBIFXトレードなど素晴らしい金融サービスを提供してくれる会社が多数あります。
外貨預金の為替手数料がもっと安ければ、日本人の個人での外貨建ての資産がもっとあったはずです。
為替コストが数円では為替差益を得るのは容易ではありません。
1998年に外国為替証拠金取引が誕生しましたが、取引環境の整備に時間がかかってしまったのが現状です。
SBIFXトレードは2012年5月からサービスを開始しています。
もっと早くSBIFXトレードのような優良なFXの専門会社が誕生して欲しかったです。
http://www.flat35s-sinsa.com/