安全な白髪染めってコツがある?疑問はどうやって解決するの?

白髪を目立たなくするために便利な白髪染めですが、その白髪染めについてのちょっとした疑問を解決していこうと思います。
■まゆ毛やひげなどの白髪を染めるために白髪染めを使って大丈夫?市販されている白髪染めの取扱説明書には、本品を使ってまゆ毛やひげを染めないで下さいと書かれていると思います。
理由は、一つ目として口や目の周りは皮膚が弱く敏感で、皮膚に炎症を起こしやすいためです。
もう1つの理由は、まゆ毛に使用する時に白髪染め液が誤って目に入る可能性があるためです。
危険ですので、白髪染めで染めるような事は絶対に行わないようにしてください。
白髪染めの代わりにマスカラを使って目立たなくする方法や、数本程度なら抜いて処理をするのもありかもしれません。
■妊娠中や妊娠の可能性があるとき、または生理中の白髪染めは大丈夫?妊娠中や生理中の時は、体内のホルモンバランスが変わり、皮膚が敏感な状態になっています。
この期間にヘアダイ等の強い作用のある白髪染めをする事はできるだけ控えましょう。
代わりにヘアマニキュアや白髪染めシャンプーなど、皮膚への影響が少ない方法で染めることも選択肢の一つです。
■白髪染めを混ぜて使うことはできますかなかなか自分の思うような色に染まらないので、ヘアカラーを2色混ぜ合わせて使ったら中間の色合いに染まる?白髪染めはどれも染料が強いですし、混ぜたとしてきれいな色に染まる保証はありません。
メーカー側も当然ながら混ぜて使わないで下さいと明言しています。
混ぜて使うのは避けておくのが無難です。
■黒く染めた髪を明るくしたいのでブリーチしたいのですが結論から言うと、ブリーチしても明るくはなりません。
ブリーチは、毛髪にあるメラニン色素を分解して脱色をするものです。
白髪染めも、メラニン色素を分解して脱色させるところはブリーチと同様です。
一旦黒く染まった髪色は、メラニン色素ではなく染料が浸透して着色した色です。
安全な白髪染めは?髪を傷めないのはコレ!【安全ランキング】