選ばれしモデルが歩く「ランウェイ」とは?

ランウェイとは、ファッションショーの時にモデルが歩くステージのことです。
細長く、客席にせり出しているのが特徴で、「キャットウォーク」と呼ばれることもあります。
このランウェイに上がると豹変すると言われているのが、元祖スーパーモデルのナオミ・キャンベル。
ショーが始める前、遅刻して来て猫背でひょこひょこと走ってくるのだそう。
しかし、メイクをしデザイナーの懇親の新作を身に着けいざランウェイに上がると、まるで別人だといいます。
堂々としたまるで女王のような振る舞い、長い足を投げ出すように歩く迫力あるウォーキング、そしてクールに決めるポージング。
プライベートでは傷害事件を起こすじゃじゃ馬として知られていますが、彼女にはモデルとしての絶対的な存在感があります。
「スーパーモデル黄金期」を牽引したナオミ・キャンベル。
伝説として語り継がれるべきモデルではないでしょうか。