住宅ローン返済の相談はどこでする?

返済の救済にまつわる住宅ローン相談住宅ローン相談においては、返済が苦しくなったときの救済措置に関しての相談も多く寄せられています。
具体的にどのような救済策があるのかを見ていきます。
例えば借入額3000万円、金利3%、35年元利均等、ボーナス返済なしの場合で見ていきます。
このケースでは5年後に、ある一定条件さえ満たせば15年間の返済期間延長をすることができます。
当初は11万5千円程度だった返済額を9万円台にまで落とすことができるのです。
これでも返済が難しいという場合には、元金を最長3年間据え置くことができ、金利が1%下がります。
3年間は4万円台にまで返済額を落とすことができるのです。
当初の返済額の4割程度にまで返済金額を抑えることができますので、これならなんとかなりそう、という人も多くいます。
こうした相談はなかなかしにくいものですが、放置しておくと、競売にかけられてマイホームを失ったうえに借金だけが残るという事態にもなりかねませんので、早目に手を打っていくことが大切なのです。
http://xn--hekm0a443zs1e4wmrz0c89fvn3b.com/